FC2ブログ







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「七つのふしぎの終わるとき」感想・レビュー。

etudeさん「七つのふしぎの終わるとき」を攻略しましたので

その感想・レビューです。



『七つのふしぎの終わるとき』応援中です!



~STORY~


舞台は明治時代に創立し旧校舎など古くからの面影が残る、時ノ台学園。

主人公 進藤智はそんな進学校に入学し、ごく普通の毎日をすごす少年だった。 


しかし、智には秘密があった。

それは祖母から譲り受けた、時間をコントロールする力を持つ時計を持っていること。


あるとき智は、学園に存在する七不思議と時計との間に関係性があることを突き止める。

七不思議に対応した七つの時計―― 。

興味を持った智は、放課後になると、七不思議の生まれた場所であるとされる

旧校舎を探検するようになった。


それから探検をする中で、智と同じく時計を持つ者や、七不思議を調べる新聞部など、

ただ学園に通うだけの毎日ではすれ違っていた少女たちと出会う。


そして友人たちとの探検の結果、智たちは七不思議の 1つの正体を突き止める。


過去でも現在でも未来でもない、時間の止まった空間―― そこに和服姿の少女が眠り続けていた。

少女は時間を操る力を持っていたが、自分の力を七つに分割して時計に封じ込めたことで、力を失っていた。

少女は智の時計の力 (タイムリープ) によって、過去ではなく現代で目覚めてしまい、

元の時代に戻れなくなってしまったらしいが……


時計をすべて揃え、本来の力を取り戻せば少女は元の時代に戻ることが出来ると分かり、

智たちは七不思議の謎に挑んでゆく。


七つのふしぎとと七つの時計を巡る物語の歯車が時計が秒針を刻むように・・・

今、ゆっくりと動き出した―





以下↓※ネタバレ注意※ 大きなネタバレは極力しないようにしますが、
            結構うっかりネタバレしてますので 
            基本プレイ後読むことをお勧めします。












簡単ではありますがヒロイン別感想というか

雑感を少し・・・



止山 ふみルート

『七つのふしぎの終わるとき』応援中です!

七不思議を追い求める新聞部の部長。

「バカねぇ。スカートと説明は短いほうがいいでしょ」というごもっともなセリフが示すとおり、

こざっぱりとした性格で私自身なかなかの好印象でお気に入りキャラです。

時計を巡る生徒会VS主人公たちの構図・駆け引き展開が一番前面にでてたルートでしたね。

当初は利害の一致で主人公と共に行動するという同盟という立場から

どれだけ関係を築いていけるかワクワクしながらプレイしました。

いろいろ?な部分はありますが、終盤の生徒会との対決からエンディングまでの展開は

結構面白かったです。




遠近 深咲ルート

『七つのふしぎの終わるとき』応援中です!

主人公の同級生&友人なのに学園長代理という特殊な役職を持った女の子

(生徒会長的なモノではありません。)。性格はまじめで人望も厚いとってもいい娘さん。

ヒロインの中では一番七不思議や時計と縁遠かったにも関わらず、生徒会との対決では

大活躍してましたね。

許嫁騒動はありがちというか茶番な感じもしないでもないですが、付き合ってからの可愛さで

すべて問題ナシなのさ。




古宮 エリスルート

『七つのふしぎの終わるとき』応援中です!

神出鬼没で無口な謎の転校生。ハーフということでサラっサラな金髪と、青く澄んだ瞳だけでも

十分キュートで萌えますが、言語は日本語以外からっきしダメというギャップがさらに

萌やしてくれます。

この娘のことを突っ込んで書くともはや完全なネタバレになってしまうので

自重しておきますが(と言ってる時点でかるーくネタバレですが・・・)

なんにせよちょっとグダグダしてしかも複線が回収しきれていないという

不完全燃焼な印象でしたね。

にしても、春道はともかく氷子のピエロっぷりには涙でてきた。




時任 七穂ルート

『七つのふしぎの終わるとき』応援中です!

物語途中から参戦してくる過去からやってきた少女。和服姿がかわいいですね。

当過去からタイムリープしてきているので、考え方や慣習がオールドスタイルで

壮大なジェネレーションギャップのやり取りはなかなか面白かったです。

ストーリーとしては過去に戻るか主人公と共に生きるかという2つの選択

というのがテーマで、過去と決別するために過去の具現化されたあるモノと

対決するという流れで話が進んでいきます。

基本的に各ルートともハッピーエンドで終わることは終わるのですが、

いまいち「みんな笑顔であと味スッキリ」という感じではなかったという印象でしたが

このルートは時計所持者たちそれぞれの能力を駆使し、主人公と協力するラストが

結構よかったですね。



ちなみに上記ヒロインすべてを攻略すると、最後にトゥルールートが開放されプレイできるようになります。

このルートで過去を通して、七不思議と時計の種明かしというか黒幕が明らかになります。

etudeさん独特のクセのあるラストは賛否両論あるとは思いますが、個人的に結構好きです。





<まとめ>

どこの学校にもある七不思議というテーマを、七つの時計にからめた独特の世界観は

さすがetudeさんといったところですね。

ストーリーも推理というほどのもののではないにせよ、謎解きやギミックや複線など

がうまく散りばめられていて面白かったです。

ただ七不思議の正体・時計の能力・そしてタイムリープ少女と色々なファンタジーな要素を

ぶち込んでいるために、ひとつひとつが内容が少し中途半端な感じもしました。

キャラに関しては文句なしで、植田リョウさんのキツネ顔なキャラデザインも特徴があって

かわいいですし、グラフィックはもちろんメニュー画面からアイコンにいたるまでのこだわり、

七つの不思議と時計というオリジナリティあふれるテーマで構成されたストーリーも魅力的でした。


キャラクターデザインを始めグラフィック全般そしてOP主題歌を始めBGM全般は高いレベル

にあるだけにシナリオの不完全燃焼さを改善すればとんでもない作品に化けそう・・・

それだけのポテンシャルをもった作品だと思います。


etudeさんの次回作も、期待して待ってます。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/02/24 22:45 ] ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。