FC2ブログ







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「未来ノスタルジア」感想・レビュー。

Purple Softwareさん「未来ノスタルジア」を攻略しましたので

その感想評価レビューです。

【未来ノスタルジア】応援バナー



幼なじみたちと平穏に過ごす主人公「工藤 陽一」。


手品程度の超能力を持つ以外、他人と変わらない普通の生活だった。


そんな中、突然彼女は現れた。


「私は杏奈―未来のあなたにフラれた女よ」



その出会いを合図に物語は大きく動きはじめる・・・



彼女は言った―


絶対に、歴史を変えてやる。

無理矢理にでも、神様を殴りつけてでも・・・


さぁ開幕の時間よ。

ここから――新しい未来を始めるわ。









以下↓※ネタバレ注意※大きなネタバレは極力しないようにしますが、
            基本プレイ後読むことをお勧めします。







攻略キャラは詩、伊織、野乃、日奈乃、杏奈5人で、

攻略順は杏奈ルートのみラスト固定であとはお好きなようにという感じです。

最近の攻略ルートの設定はラスト固定シナリオが流行な感じですね。




では各ヒロインの雑感など・・・。


<各ヒロイン・ルートの感想>


☆春日 伊織ルート


ぽよんぽよんの巨乳を持つデンジャラスビューティー、巫女さん&クラスメイト。

なぜか陽一に敵意をむき出しにしてくるが、その秘密は後々わかります。

主人公・陽一と同じ超能力(=チカラ)を持っていて、そのチカラの暴走を自分ひとりの力では

抑えられなくなっていくという展開です。

ちなみに杏奈がもともといた未来はこの伊織ルートの延長線で、そのあたり伊織・杏奈・陽一の関わりを

含めて超能力・未来という今作の重要なファクターをうまく織りこんだシナリオだったと思います。



☆羽鳥 詩ルート



主人公の幼馴染・マイペースなおっとりお嬢様。ゲームに関しては性格変わる生粋のゲーマー。

あだ名が「姫」ってそのまんまぴったりな感じで違和感まったくナッシング。

なんか憎めないというか何気なくプレイしているとなぜか詩をかばいたくなる

自分がいます(笑)

あれやこれやの急展開で付き合いだして、幼なじみから恋人へという展開は普通なんですが、

うまく杏奈ルートへの複線がちりばめられていて、そこの構成はよかったと思います。



☆工藤 野乃ルート


愛称はノノ。義理の妹で双子の姉&ツインテールの天使で陸上部のエース。

詩・伊織ルートに関しては杏奈とそれに連なる未来がうまく絡んでくるシナリオなんですが、

今回のこの姉妹のルートは異色というか、杏奈の大きな関与もなく番外編みたいな感じでした。

単体として十分イチャラブできるのですが、少し印象が薄かったかな。

ストーリーは主人公と姉妹が離れ離れになるきっかけとなった事故のトラウマと葛藤を乗り越えて

・・・という感じです。




☆工藤 日奈乃ルート



愛称はヒナ。義理の妹で双子の妹&毒舌ポニーテールの魔王。

このルートも杏奈の知る未来とは流れが外れたので、杏奈さんはほとんど関与せず途中退場な感じ。

ここではかなたんVSヒナの対決などが別の意味で見どころ。

有名になっていく彼女とそれを見守る俺・・・みたいな王道ラブストーリー展開で

一番普通にラブラブしてた気がします。



☆杏奈ルート


時間跳躍(タイムリープ)して未来から来た、わがままボディの爆乳ちゃん。

この「未来ノスタルジア」という作品自体がこのルートのために作られたといっても過言ではない

シナリオです。

詳しく書くと完全ネタバレになっちゃうので、さわりだけ・・・。

このルートは今まで共通ルート・個別ルートで杏奈の意味深な言葉・行動の意味があきらかになります。

そして未来編(回想編)を経て、杏奈の強い意志・思いを陽一は知ります。

ここはもう涙腺緩みまくりです。

「いつか終わりがくるからこそ、一生懸命になれるんだよ」

陳腐で使い古された台詞ですけど、シンプルに心に響くそんなシナリオでした。





<まとめ>



今回はサブキャラが非常に魅力的でしたね。

特に真田かなた(=かなたん)はいい味だしてるから「明日の君と逢うために」の

七海ちゃん以来のど真ん中ヒットで、いじられっぷり見事なサブキャラでしたね。

基本、攻略キャラが主人公よりいろんな意味で立場が強いため

(詩は暴走モード時(笑)、いおりんは殺傷能力(笑)、ノノは運動神経、ヒナは性格的に、杏奈は超能力的に)

余計にかなたんが愛しく感じてしまう。

「かなたノスタルジア」とかファンディスクでたりして。



タイトルの「ノスタルジア」の意味は懐古・追憶・・・「時間的に未来がその対象とされることはなく、

また対象の負の部分は除外され、都合よくイメージが再構成される場合が多い。」とあります。

未来ノスタルジア=未来・懐古という上記の「ノスタルジア」の意味に逆らうタイトルは

杏奈ルートのラストシーンで納得でき、オープニングムービーの最初シーンの

「さぁ行こう、未来で懐かしい君が待っている―」の意味が最後に解った時はホロッときてしまいました。


作品自体の題材が時間跳躍モノなので、作り込めば込むほど矛盾や別解釈が出てきてしまう

難しいテーマだと思うんですが、そこまで首をつっこまず、うまくまとめたと思います。

実際、杏奈ルートにしても、まぁハッピーエンドっちゃあハッピーエンドなんですが

パラレルワールド軸で考えると、杏奈の一番救いたかった相手は実は救われていないんですよね。

ただあくまで魔法&科学メインではなく、未来も過去も愛してるADV

であり、ひとつのラブストーリーとして考えて十分に感動したし、面白かったと思います。


キャラクターもサブキャラのかなたんを始め猫のクロや生徒会長の雫さんなど

存分に活かしてましたし、陽一と愉快な仲間たちの掛け合いのリズム感がよく、

シリアス展開はシリアス展開で(とくに杏奈ルート)ストレートに感動できました。

オープニング曲の「未来ノスタルジア」(vo.橋本みゆきさん)もかなりいい曲でしたし、

エンディング曲の「未来図」(vo.浅葉リオさん)は杏奈編ラスト、イントロが切なすぎて

涙腺緩みっぱなしでした。


泣き・笑い・萌えバランスがとれた良い作品だったと思います。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/09/14 22:07 ] ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moedaysnews.blog.fc2.com/tb.php/38-e91f3c27









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。