FC2ブログ







「DRACU-RIOT!(ドラクリオット!)」感想・レビュー。

ゆずソフトさん「DRACU-RIOT!ドラクリオット)」を

攻略
しましたので、その感想レビューです。


ゆずソフト最新作ドラクリオット!



~STORY~

構造改革特別区 海上都市 『アクア・エデン』

カジノや風俗などが合法となった、日本で唯一の特別な島。

その島に、大きな目的を掲げてとある学生は訪れる。

 彼の目的は “童貞を卒業すること” だった。

そんな彼の友達でもある主人公・六連佑斗は大それた目的のことなど知らぬまま、

友達とのただの旅行を楽しむために海上都市を訪れる。


その都市で、佑斗は誘拐事件を目撃!

見過ごすことはできないと、その誘拐事件に首を突っ込んだ佑斗は――

なんと “吸血鬼” になってしまうっ!!

吸血鬼となった佑斗は本土に戻ることができず、海上都市で暮らすことに……。

しかしそれは、これから始まる物語のほんの入り口にしか過ぎなかった。

真夜中に授業が行われる学園に、月夜を闊歩するクラスメイト (※吸血鬼) たち。

これまで体験したことのない常識外れな大騒動に胸を躍らせていく。

そうして、吸血鬼と人間が共生する海上都市で、

甘く切ない夜の物語が幕を開けるのだった――








以下↓※ネタバレ注意※ 大きなネタバレは極力しないようにしますが、
            結構うっかりネタバレしてますので 
            基本プレイ後読むことをお勧めします。






では、ヒロイン別の感想を・・・。








布良 梓 ルート

ゆずソフト最新作ドラクリオット!


吸血鬼設定を除いたとしてもぶっ飛んだ感じのキャラの多い中、

割かし常識人な人間の女の子。背もちっちゃいけどお胸もちっちゃい。

コンプレックスを隠すためか、無理してお姉さんぶるとこがかわいくてたまらんです。

話としては主人公とは学生寮では寮長として、職場では先輩として触れ合っているうちに

徐々に関係をはぐくんでいって・・・というまぁ王道な展開です。

後半は主人公と梓ちゃんの未来の問題を暗示するような、人間と吸血鬼間での事件が発生

という感じになっていきます。まぁ主人公は置いてけぼりな感じもしましたが、

梓ちゃんがちっちゃ可愛いから、全部オッケー。




稲叢 莉音 ルート

ゆずソフト最新作ドラクリオット!


寮では進んで家事をこなす家庭的な女の子。なぜか性的な知識が皆無でエリナとは別の意味で

爆弾発言するちょこっと天然?な後輩ちゃん。

寮で協力しあったり、趣味で意気投合したりなど一番普通っぽい恋愛かと思いきや、

吸血鬼としての主人公と似た境遇を知り、あまり書くと完全ネタバレになっちゃうのでやめときますが、

共通でもよく出てきた異能の吸血鬼「ライカンスロープ」の問題へとシフトしていきます。

全ルートを見渡してみても、そんなに吸血鬼設定が設定として弱く、カナメになってくることもないのですが

このルートはサブキャラの扇先生を含めて、その設定をうまく活かしてあってよかったです。




エリナ・オレゴヴナ・アヴェーン ルート

ゆずソフト最新作ドラクリオット!


下ネタ・エロネタなんでもこいの破天荒な女の子(エリナじゃなくもはやエロナ(笑))。

お仕事はカジノでバニーコスともうそれっぽい雰囲気で納得。

ただ下ネタオンパレードで空気読めない印象が強いですが、実は周りのことに非常に敏感な娘さんで

ストーリーとしては自分が他の吸血鬼とは違う体質であることを主人公に知られてしまい、

そこからお互いの距離を縮めていくというお話。後半の吸血対象の話はテンプレというか

まぁ吸血鬼モノではよくある話なんですが、付き合ってからのエレナが可愛かったからまぁよし。




矢来 美羽 ルート

ゆずソフト最新作ドラクリオット!


クールでいてドSキャラかと思いきや、実は相当無理してキャラ作っている吸血鬼の女の子。

ただ赤面顔での言葉攻めはある意味、新感覚というか結構な破壊力だったりする。

美羽に責任はまったくないのですが、主人公が吸血鬼になる発端となった事件の当事者のため

主人公のためにいろいろしてくれるなんだかんだで面倒見の良い娘。

ストーリーとしては主人公のライカンスロープ疑惑、違法ドラッグ事件に端を発した

人間と吸血鬼のイザコザなどを超展開で乗り越えていくというお話。

じつはドM疑惑ネタやらロリコン疑惑ネタやら面白いエピソードも随所に

仕込んでありましたし、ゆずソフトらしく楽しめました。




ニコラ ケフェウス ルート


公式HPではサブキャラ扱いになっていますが、番外編というかおまけシナリオで攻略できます。

本編では中二病をこじらせてしまったちょい痛い男の子キャラですが、実は女の子だったというお話。

ブロンドのサラサラロングは鉄板ではありますが、やっぱり可愛いですね。

主人公のためにオシャレに気を使う仕草なんかはもうたまらないって感じでした。







<まとめ>



今回は吸血鬼モノということで、使い古されたテンプレ的な話になってしまうんじゃないか

と心配していましたが、ヒロインだけでなく主人公が最初から吸血鬼化するという

逆転の発想(どこが?)で、そんな心配はご無用でしたね。

ゆずソフトさんはゲームの世界設定の中をサブもメインもひっくるめてクセの強い

キャラクターが暴れまくる・・・いわゆるキャラゲーがストロングポイントで面白い

ソフトハウスだと思いますし、本作も同様に個性的なキャラが目白押しで面白かったです。

シナリオに関しては「人間と吸血鬼の確執・差別」その受け皿である海上都市の裏事情など

結構重そうな問題がでてくるわりには、サラッとした印象。

まぁもともとシナリオゲーよりもキャラを活かす構成になっているので、

ここのところは好みの問題ですし、私はどちらもいけるクチです(笑)

キャラデザインはもちろん文句無しに可愛いですし、

よく作りこまれたOPムービーをはじめ音楽もキャラソン・BGMの高いクオリティーは

さすがといったところ。

ただあえてキャラに突っ込むとすれば、「のーぶるわーくす」の茅明さんや真琴ちゃんのように

サブキャラたちがもっと話に突っ込んできたら、さらに面白くなったと思います。

(先生のホモネタは笑えたけど、ちょこっとくどかった)

なんだかんだで飽きさせることなく軽快なテンポで楽しめましたし、

ゆずソフトさんの次回作にも期待します。


関連記事
スポンサーサイト



[ 2012/05/11 23:47 ] ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moedaysnews.blog.fc2.com/tb.php/81-707a0d76