FC2ブログ







「 乙女が紡ぐ恋のキャンバス 」 感想 ・ レビュー。

ensembleさん「乙女が紡ぐ恋のキャンバス」を

攻略しましたのでその感想レビューです。

乙女が紡ぐ恋のキャンバス




~STORY~

主人公・瑞木信(みずき しん)はいつものように、

頼まれたテレビ番組を録画しようとしていた。

しかし、電源をオンにした瞬間、凍りつく。

“女装した自分” が映っていたからだ。

よく見ると、それは自分そっくりの等身大フィギュア。

しかも、なぜかオークションに出品されており、

今まさに入札が開始されようとしている。

諸悪の根源は、悲しくも実の姉・杷虎(はとら)だった。

超有名なアーティストでもある杷虎は、画面を指さして凄惨に笑う。

「ハッ、おまえの女装に興奮して、早速 男どもが高値を付けはじめたぞ。

次はヌード写真でもいいな。ちょっと脱いでみろ」

危機感を覚えた信は、逃げるように家を飛び出してしまう

――杷虎に無理強いされていた女装のままで。

そして途方に暮れている信の前に、一人の少女が現れる。

「あなた……こんな夜遅くに、美術館の前で何してるの? 
 閉館時刻ならとっくに過ぎてるわよ」

行く宛てがなく困っているのだと告げると、親切にも住み込みの仕事を紹介してくれるという。

しかし――

「はい、これ制服。入学手続き、済ませておいたから」
「えっ、入学? 仕事は……」
「奨学生として、女子寮でメイドをやってもらうけど、いいわよね?」
「!?」

良いはずはないが、今さら素性を打ち明ければヘンタイとして通報されかねない。

その場しのぎに、深山瑞希と名乗ってしまう。

鳳后藝術(おうこうげいじゅつ)学園 ――名だたる芸術家

および画商の育成に特化した、お嬢様の通う女学園。

一人の女の子に、女装で出会ってしまったがために 瑞木信――

いや、深山瑞希(みやま みずき)の女学生としての苦行が約束された。

家にも帰れず、姿を偽って生活せざるをえなくなった瑞希。

この先、一体どうなってしまうのか……!?




以下↓※ネタバレ注意※ 大きなネタバレは極力しないようにしますが、
            結構うっかりネタバレしてますので 
            基本プレイ後読むことをお勧めします。






では、ヒロイン別の感想を・・・。








獅子堂・千晴・フラムスティード  ルート

乙女が紡ぐ恋のキャンバス


今流行?の武士娘&怜奈の専属のボディガード。神秘的なオッドアイがとってもキュート。

職業柄普段はきつい雰囲気・態度をとるが、可愛いもの大好きっ娘とまさにギャップ萌え。

幸とぬいぐるみのときの物腰のくだけ方がたまりませんでしたね。

ストーリーとしては、とある事情で主人公の身辺警護を引き受けることになり・・・という展開。

このルートも本作のテーマのひとつである「芸術」をうまく絡めてあり、

本作品は個別に入ってから長いんですが、中だるみすることなく結楽しめました。




アナスタシア ルート

乙女が紡ぐ恋のキャンバス


主人公が通うこととなる鳳后藝術学園の先輩で美術館の若手館長そして巨乳というマルチな人材。

完全ネタバレしちゃうので多くは書きませんが、ストーリーがトンデモ展開します。

この設定は遊びすぎかなと感じますが、前作「黙って私のムコになれ!」でも

そういうキャラいたし、もはやensembleさん名物かと。

まぁ「Noといえない日本人」らしい主人公がアナスタシア先輩にどんどん巻き込まれていく

のは笑えましたが、最後は主人公の(女装してたけど)男を見せてもらいました(笑)




乾 幸 ルート

乙女が紡ぐ恋のキャンバス


鳳后藝術学園の後輩で天才現代アーティスト。小動物系キャラでかわいい。

製作活動時のコスプレがマジ天使でしたし、ジャンク品に目を輝かせるとこなど

一風変わった芸術家っぽい雰囲気でなかなか個性的なヒロインでよかったです。

ストーリーとしては幸の生い立ちに関わる場所が関係してきて、

終盤の「アートフェア」までの展開が結構盛り上がって面白かったです。




鳳 怜奈 ルート

乙女が紡ぐ恋のキャンバス


鳳后藝術学園の学生でありながら理事代理そして歴史ある鳳画廊のお嬢様。

ストーリーとしてはアートフェアを前にして、各クライアントから借りていた

絵画が盗難に遭うというシリアスモードで話が進みます。

終盤にかけての盛り上がりもそうですが、女装設定、怜奈の過去の古傷などを

含めてバランスのとれたルートでしたね。

余談ですが、始め汚れたツナギ姿の杷虎しか見てなかったので、終盤の杷虎の

ドレス姿がゲキマブすぎでした。





烏丸 紫月 ルート

乙女が紡ぐ恋のキャンバス


怜奈同じ鳳后藝術学園2年生で鳳家のライバル企業・烏丸グループの後継者。

主人公のためをおもって動いてることがことごとく空回り、そのカラまわりっぷりが

逆に愛おしくなっちゃいました。

もともと主人公の幼なじみというしっかりとしたバックグラウンドがあるため、

心情の動きというか描写がしっかりしていたルートだったと思います。

主人公・紫月・怜奈のトライアングルな展開をうまく描いていますし、面白かったです。







<まとめ>


今回は女装モノということで、これまたテンプレートが確立されている難しいテーマだったのにも

関わらず、テーマに「芸術」を絡めて面白かったと思います。

逆にいえば「芸術」というテーマが結構、斬新で面白かったので、女装設定は別にいらないんじゃね

とも感じました。そう感じたのは女装設定がばれるヒヤヒヤがなかったことやばれた時が割りに

あっさりしてたところに起因してるじゃないかと思います。

全体的にイチャラブやコメディは少なめで、シリアス成分が多い作品でしたが、

サブキャラでいい味出してるあきエモンを筆頭に怜奈パパや紫月ママとうまく和ませてくれてたので、

途中で飽きることなく最後まで楽しめまたと思います。

キャラクターはヒロインみんな可愛かったですし、なんと主人公まで可愛いというおまけ(?)付き。

シナリオも「芸術」をテーマにしてはいますが、美術専門用語など難しくしないで、読みやすいテキストと

全体的にテンポもよく楽しめましたのでensembleさんの次回作も期待してます。




関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/05/18 23:32 ] ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moedaysnews.blog.fc2.com/tb.php/83-46802821